ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

カテゴリ:居酒屋( 8 )

馬力 新橋店(新橋・居酒屋)

GW中は特に予定もなく、仕方ないので毎日昼から飲酒していました。

そんなダメ人間にとってありがたいのが、マイフェイバリット居酒屋「馬力」。正午オープンで年中無休。素晴らしい。新橋のほかにも錦糸町、神田、池袋など、おっさんが集まるエリアに出店しています。

d0073770_204491.jpg
【馬力ハイ 350円】
というわけで、気持ちの良いテラス席(と言っても路地にビールケースをひっくり返しただけのテーブル)で、名物馬力ハイからスタート。ほんのりガラナ味のサワー。

d0073770_204583.jpg
【馬力漬け 190円】
すなぎもをポン酢でマリネしてある。まろやかな酸味が素敵。価格も素敵。

d0073770_20484.jpg
【生ホルモン刺盛 590円】
全体にごま油が絡めてあり香ばしく、その艶はもはやエロス。臭みはまったくなく、どれも美味。ちなみにタンとレバーはホントの生。昨今、生ホルモンを食べられるのはとても貴重。しかもこの価格で。

d0073770_2042213.jpg
【コツネ 1本150円】
ふわふわ食感の豚つくねに、細かめに挽いた豚ナンコツが混ぜてある。お一人様一本限りの貴重品。

d0073770_2043554.jpg
【赤ホッピーセット 390円】
あまり見かけない、赤ホッピー。普通の黄色ホッピーのコクをアップした感じ。ナカ焼酎もたっぷり。

d0073770_2044768.jpg
【すじ煮390円】
馬力名物にして私のイチオシ、すじ煮込み。すじも野菜もトロットロ。カツオ出汁?ベースのちょっと濃いめの塩味に、柚子胡椒がマッチしてお酒がススムススム。

これら以外にもメニューは幅広く豊富で、しかも日替わりメニューも黒板にびっしり。どれもがハズレなく美味しいし、気軽に使えるよいお店です。


http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13153203/
[PR]
by gukita | 2014-05-18 15:00 | 居酒屋

源兵衛(早稲田・居酒屋)

一月のとても寒い金曜日、職場のくだらないw仲間たちと早稲田の老舗「源兵衛」で飲み会。

初めて2階の座敷席に入ったが、デフォルトで隣人と袖振り合う1階のテーブル席とは違い、広々ゆったり。

いろいろ食べたので、写真を中心に。
d0073770_8501015.jpg
【玉子焼き】こんなベッドの上で眠りたい。

d0073770_8501167.jpg
【フレンチフライ】この日の最優秀新人賞。ガーリック風味がたまらない。

d0073770_8501152.jpg
秀逸なツマミの数々にビールのペースも加速。

d0073770_8501271.jpg
【シュウマイ】説明不要。不動のセンター。

d0073770_8501375.jpg
【焼鳥盛り合わせ】素朴だけどふっくら。肉屋の店先で売ってる焼鳥の究極進化型。

d0073770_8501450.jpg
【上焼きそば】これまた素朴。しかしながらトッピングチャーシューは斬新。

d0073770_8501487.jpg
【オムライス】シュウマイと並ぶ源兵衛2大看板のひとつ。ランチで食べたい。。。

どれもが素朴かつ秀逸。そしてなかなかにリーズナブル。ステキな店です。
[PR]
by gukita | 2014-01-10 20:00 | 居酒屋

【北陸シリーズ】だい人

富山で所用を済ませ、夕食の時間。
しかしながら、これまでの旅と暴飲暴食の疲れがピークで、食欲はイマイチ。

そこで、夕食前にひと風呂浴びることに。

d0073770_849226.jpg
【観音湯】
外観からして「ザ・昭和の銭湯」な観音湯。富山駅から徒歩3分のところにあります。

レトロな雰囲気と熱いお湯に浸って、多少は元気を取り戻したので、北陸最後の晩餐に繰り出します。

d0073770_8502663.jpg


入ってみるとなんだか既視感。金沢で飲んだ「いたる」にそっくりの店内レイアウト。
そうとは知らずに入ったのだが、どうやら「いたる」の姉妹店らしい。

ビールで銭湯のほとぼりを冷ましつつ、食べ物を選ぶ。

d0073770_8493514.jpg
【白海老さっぱり唐揚げ 700円】
揚げたてサクサク。程よい塩加減とエビの香ばしさでビールが進む!

d0073770_8501215.jpg
【1人前造り盛り合わせ 1300円】
品数が多くてなかなかに豪華な感じ。意外な伏兵タコが、身もうまみも凝縮していて美味。
ほかは、まあそこそこな感じ。

やはり体調万全ではなく、ビール一杯、日本酒一合でごちそうさま。
ホテルに帰って就寝。

(夜中に目覚めてラーメン食べたのは内緒。)
[PR]
by gukita | 2013-09-13 20:30 | 居酒屋

【北陸シリーズ】黒百合

金沢2日目の夜。
さすがに前夜の酒も抜けたので、今日も飲みに繰り出す。

JR金沢駅構内の居酒屋「黒百合」へ。

駅ビルの飲食店街にある店で、外観からは正直、期待はできない。
しかし、店内に入ると一変。素敵な「酒場」の雰囲気がぷんぷん。

まずはクラシックラガー(もちろん瓶)を注文すると、ホールのおばお姉さんが「お疲れ様でした」と癒しの笑顔でお酌してくれる。


d0073770_9114725.jpg
【どじょうのかばやき 1本190円】
甘辛のタレとどじょうのほろ苦さが好相性。

d0073770_9114883.jpg
【金沢おでん】
車麩150円 赤巻150円 梅貝360円
何ともお上品なお出汁。
赤巻ってのは要するにカマボコなのだが、普通のカマボコと違って気泡?が多いので出汁をよく吸って、ジュワッと美味しい。

d0073770_9114840.jpg
【ふぐのかす漬け 520円】
THE 日本酒のアテ。酒粕のかおりが鼻にぬけたあと、ギュッと凝縮したふぐの旨み。いくらでも酒が飲めそう。

d0073770_9115043.jpg
【焼き油揚げ 420円】
本日のベストヒット!! 中身をチョイスできるので、香味味噌を選択。これが美味い。味噌に柚子胡椒を混ぜてあるのだろうか。外はカリっと、中はジュワッとは言うまでもなし。

途中から、地酒「満歳楽」に切り替え、2合いただいてごちそうさま。

金沢の名物料理は、地味なので全国区ではないけど、酒呑みには堪らない品ばかり。そんな素敵な料理を素敵な雰囲気で堪能できる良い店でした。また来たい。。。
[PR]
by gukita | 2013-09-12 20:30 | 居酒屋

【北陸シリーズ】酒と人情料理 いたる

福井につづいて人生初上陸の金沢。
夕食は香林坊の路地裏にある「いたる」へ。
d0073770_17342865.jpg


平日の21時すぎだが、店内はほぼ満席。カウンターが運良くひと席だけ空いていたので、着席。

写真はないけど、お通しはバイ貝?の煮付け。肝の苦さでビールが進む。

d0073770_17342649.jpg
【金時草のお浸し 450円】
聞いたことのない野菜。普段目にする、絞って醤油をたらすお浸しではなく、出汁に浸されている。
シャキッとした食感で、香りも良く、これは美味しい。


d0073770_17342731.jpg
【白えびさしみ 1000円】
北陸に来たらコレでしょ。白えび初体験。見た目は小ぶりの甘エビ。食べてみると、凝縮した甘エビというか、とにかく旨味がすごい! 醤油なんかぜんぜんいらないくらい濃厚。

以上2品+お通しだけで、石川のひやおろしがグイグイ進むので、結果的に注文はこれだけ。

見かねた?店員さんがサービスしてくれました。
d0073770_17342764.jpg
【黒そいの煮付け サービス】


料理もお酒も美味しいし、カウンターのひとり客にも気さくに話しかけてくれる店の雰囲気も良し。いいお店でした。

その後、たまたま隣に座ったオジサンと意気投合し、ワインバーに連行されて26:30まで飲みましたとさ。
[PR]
by gukita | 2013-09-11 22:00 | 居酒屋

うけもち

つまらんベースボールを観て、
ワインを飲んだあと、
かねてから行ってみたかった、水道橋の「うけもち」へ。

ここは立ち飲みだが、ドリンクもフードも300円均一。
焼酎をオーダーすると、ストレートなら空のグラスを、
ロックなら氷だけが入ったグラスを渡され、
カウンター横の焼酎の棚から、好きな銘柄を
セルフサービスでそそぐスタイル。

よって、300円でなみなみいっぱいの焼酎が飲める。
よく覚えていないけれど、黒霧島とか残波とかがあったような。
10種類くらいあった。

つまみも、300円にしては秀逸な酒のあてばかり。
つぶ貝の塩辛(だったかな?)とハマチのづけを発注。
どちらも酒のあてにぴったり。

d0073770_1874230.jpg



2杯だけ飲んだあと、ラーメン食べようと思って神保町を
うろうろするも、目当ての店はいずれもClosed

仕方なく(?)、なぜか世界の山ちゃんで手羽先をたべて、
この日は終了。
d0073770_1894475.jpg


案の定、終電で寝過ごし、タクシーでご帰宅なさいました。
[PR]
by gukita | 2012-04-01 18:10 | 居酒屋

沖縄料理 次郎亭

3~4日間に沖縄から帰ってきたばかりなのに、
職場の悪い先輩に誘われて「沖縄料理 次郎亭」へ。

馬場口の交差点付近にひっそりとたたずむこの店は、
ほんとにいい意味で「脱力系」。
その名の通り、次郎さんというマスターが切り盛りしているが、
その次郎さん、忙しくなければ普通に常連さんと一緒に飲んでいる。
入り口で靴をぬぎ、セキュリティ意識のかけらもない下駄箱に
靴を置き座敷に座ると、もうそれだけでリラックス。

ただし、料理はおいしい。
d0073770_063538.jpg
【この日サービスで出してくれたジーマミ豆腐 美しい艶感】

海ぶどうやらふてー、ジーマミ豆腐といった王道沖縄料理ももちろんおいしいのですが、
この店に来る目的は「沖ナポリタン」。

d0073770_025558.jpg
【沖ナポリタン 値段不明。注文する時点ではかなり酔ってるから】

つまりナポリタンをスパゲティではなく沖縄そばで作りました、
的なメニュー。これがうまい!
何がうまいのか考えるのだけど、食べるときはいつも泥酔してるので、
美味さの秘訣が分からない。

でもうまい! それだけは間違いない!
[PR]
by gukita | 2011-09-19 00:09 | 居酒屋

【築地006】築地虎杖 東店

築地鴎外市場周辺にたくさんの店舗を構える「築地虎杖」。
「虎杖」と書いて「いたどり」と読むそうな。
築地では貴重な、夜に居酒屋営業しているお店で、
寿司や海鮮ひつまぶしのほか、カレーうどんでも有名。

昼間は両側を商店に挟まれた路地。夜は両サイドのシャッターが閉まるのを
いいことに、路地を不法(かどうか知らないけど)に占拠し、店舗スペースと
して活用しているもよう。
d0073770_23212772.jpg
【わかりにくいけど、路地なんです。だから寒い。】

したがって、壁面ではなくシャッター面に「本日のおすすめ黒板」が
ぶら下がっている。
d0073770_2374630.jpg
【シャッターにマグネットで固定される看板】

「おすすめ」には値段が書かれていなかったので、念のために店員に
確かめると、大半が2000円以上!! あやうくはめられるところだった。

d0073770_2311508.jpg
【牛すじ煮込み 800円くらい】

海鮮推しの店にもかかわらず、まずは牛すじを発注。
安くはないが、それだけに美味!!
具は牛すじのみ。こんにゃくとか根菜で水増しすることのない潔さ。
京風の上品な味付けで、肉そのもののおいしさを感じる。

d0073770_2317650.jpg
【ゆばのウニのせ 800円くらい】

こちらも美味い。湯葉の甘さとウニの甘さが相乗効果。
流石に築地だけあって、全く雑味がなく濃厚なウニ。

でもよかったのはここまで。。。
残念すぎたのでこれ以降は画像なし。

マグロの炙り焼きは、なぜか定価1200円⇒600円になっていたが、
マグロが生臭いし、炙りすぎて焦げくさい。ひどい。

金目鯛の炙り1200円も、うまみが少なく特筆すべきことはない。
まずくはないけど、1200円出す価値はなし。

まあ、いわゆる観光地のお店ですね。
この日食べなかったカレーうどんは気になるので、
もう一度だけは来てみますけど。
[PR]
by gukita | 2011-03-07 23:30 | 居酒屋