ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【築地005】たれ麺 十六

このお店、本来は「Bar SiSi(しし)」というお店なのだけど、
昼は「十六」と名前を変えてラーメン屋になっている模様。
(4×4=16、ということか、、、)
看板もほぼ「Bar SiSi」なので、店を見つけるまでに
5分くらい店の前をウロウロしてしまった。
d0073770_10361837.jpg


メニューは「たれ麺」のみ。たれ麺中盛りとトッピング温泉卵を発注。
浅草開化楼の太麺が茹でられている間に、「たれめん食べ方ご指南」で予習。

d0073770_1043477.jpg
【取っちまってかまいません、とのこと】

自分好みにカスタマイズできるのが特徴のようで、
卓上にはたくさんの粉たちが並ぶ。
d0073770_10452410.jpg
【魚粉のうしろには胡椒・ラー油など】

前置きが長くなりましたが、ようやくたれ麺の登場。
d0073770_1049174.jpg
【たれめん中盛り700円 +トッピング温玉100円(奥の小鉢に別盛り)】

指南書通りにぐいぐいとかき混ぜ、いただきます。

太ちぢれ麺にたれがよく絡んで、美味い!
ただ、普通のつけ麺と比べると油感が強いので、2~3口で少し飽きる。
そこで粉たちの登場。

魚粉が間違いないのはもちろん、いろいろと味が変わって
最後まで楽しく食べられる。

「カレー魚粉」は、どこかで食べたことのある、安っぽい味だと思ったら、
隣の席のサラリーマンが
「これはあれだ、ビックカツだ!」
と言っていて、思わず膝を打ちました。
[PR]
by gukita | 2011-02-26 11:10 | ラーメン・つけ麺

【築地004】やじ満

シュウマイ激戦区(おおげさ)第二弾は、場内8号館の「やじ満」。
ここも、大きなシュウマイが売りのお店。

麺類も評判の店だけど、なにはともあれシュウマイ、シュウマイ。
d0073770_2320221.jpg

【シュウマイ2個 280円】

発注から20秒程度で供される、大ぶりのシュウマイ。
もう、官能的に美しい(おおげさ)。
築地標準で、ここでもソースで食べることを推奨される。
粗挽き豚肉と玉ねぎだけのシンプルかつ力強いシュウマイ。
これは確かに、ソースがベストマッチ。
しょうゆでは、シュウマイ本体の力強さに歯が立たない。
なんで4個発注しなかったか、後悔するほど。。。

そして、シュウマイと並ぶこの店の名物、にらたまそば。
d0073770_23282891.jpg

【にらたまそば 780円(だと思う)】

もう、見た目でノックアウト。
絶妙と言うほかない、絶妙なとろみ加減の卵。
卵の黄色の上に美しく散らばるニラの緑。

味も、もちろん見た目に負けていない。
しっかり味の鳥ガラスープを、半熟の卵がまろやかにしている。
やわらかめの中細麺がそのスープをしっかりと捕まえる。
にらたまと名乗っているものの、にら、卵以外にも
たまねぎ、豚肉、きくらげ、イカと、
あとからあとから登場する具材たち。
かなりのボリュームにもかかわらず、
最後まで楽しく食べられる。

これは、いい店を発見。
次は、もう一つの名物、冬季限定「かきラーメン」に挑戦します。
[PR]
by gukita | 2011-02-06 23:42 | しゅうまい