ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【築地008】やじ満(2回目)

すっかり気に入ったシュウマイの名店(勝手に認定)、やじ満。
この日は冬の名物、かきラーメンを食べに来ました。

とはいえ、まずはシュウマイ、シュウマイ。

d0073770_005344.jpg
【不揃いの焼売たち】
美味い、美味すぎる。十万石まんじゅうより美味い。
みんな寿司屋に並ぶくらいなら、シュウマイ食べればいいのに。
待ち時間ゼロだし。

そして本日の主役、かきラーメンの登場。

d0073770_042050.jpg
【かきラーメン 950円】
軽くソテーされた大粒の牡蠣が5粒も乗っている。

スープを一口飲んでみると、磯の香りがぶわっと、、、
来るかと思ったらそうでもない。

カキを一口食べてみると、磯の香りがぶわっと、、、
来るけどそれを通り越して若干生臭い。

たぶん、僕が二日酔いだったのがいけないのだと思います。

体調万全のときにリベンジ、と行きたいところですが、
この店にはほかにも気になるメニューがたくさんあるので、
リベンジは来年の牡蠣シーズンになりそうです。
[PR]
by gukita | 2011-03-10 00:09 | しゅうまい

【築地007】長生庵

この界隈には珍しい、ふつうのお蕎麦屋さん。
とはいえここは築地、旬の魚介を使ったメニューが季節ごとに登場する。

d0073770_23472049.jpg
【かき天ぷらカレーそば 1150円だったと思う】

冬と言えば牡蠣! というのは十分理解できる。
天ぷらと蕎麦の組み合わせだって定番だ。

だけど間にカレーが入ることで、なんだか悪ふざけをしているような、
もっと言えば牡蠣への冒涜のような気がしてしまう。


しかしながら、どういうわけか、これが最高においしい!
牡蠣と蕎麦とカレーが、3人なのに結婚しちゃった。

大ぶりの牡蠣はちょうどよい火の通り具合。生臭さは全くなく、うま味たっぷり。
普通よりふっくらした、フリットに近い衣が、和風だしの利いたカレーとの相性抜群。
よく考えれば、シーフードカレーに貝類が入ることもあるから、
おいしいのも当然かもしれない。

牡蠣の季節が終わらないうちに、また来なければ。
[PR]
by gukita | 2011-03-08 00:01 | その他

【築地006】築地虎杖 東店

築地鴎外市場周辺にたくさんの店舗を構える「築地虎杖」。
「虎杖」と書いて「いたどり」と読むそうな。
築地では貴重な、夜に居酒屋営業しているお店で、
寿司や海鮮ひつまぶしのほか、カレーうどんでも有名。

昼間は両側を商店に挟まれた路地。夜は両サイドのシャッターが閉まるのを
いいことに、路地を不法(かどうか知らないけど)に占拠し、店舗スペースと
して活用しているもよう。
d0073770_23212772.jpg
【わかりにくいけど、路地なんです。だから寒い。】

したがって、壁面ではなくシャッター面に「本日のおすすめ黒板」が
ぶら下がっている。
d0073770_2374630.jpg
【シャッターにマグネットで固定される看板】

「おすすめ」には値段が書かれていなかったので、念のために店員に
確かめると、大半が2000円以上!! あやうくはめられるところだった。

d0073770_2311508.jpg
【牛すじ煮込み 800円くらい】

海鮮推しの店にもかかわらず、まずは牛すじを発注。
安くはないが、それだけに美味!!
具は牛すじのみ。こんにゃくとか根菜で水増しすることのない潔さ。
京風の上品な味付けで、肉そのもののおいしさを感じる。

d0073770_2317650.jpg
【ゆばのウニのせ 800円くらい】

こちらも美味い。湯葉の甘さとウニの甘さが相乗効果。
流石に築地だけあって、全く雑味がなく濃厚なウニ。

でもよかったのはここまで。。。
残念すぎたのでこれ以降は画像なし。

マグロの炙り焼きは、なぜか定価1200円⇒600円になっていたが、
マグロが生臭いし、炙りすぎて焦げくさい。ひどい。

金目鯛の炙り1200円も、うまみが少なく特筆すべきことはない。
まずくはないけど、1200円出す価値はなし。

まあ、いわゆる観光地のお店ですね。
この日食べなかったカレーうどんは気になるので、
もう一度だけは来てみますけど。
[PR]
by gukita | 2011-03-07 23:30 | 居酒屋