ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さか枝(高松・うどん)

d0073770_924127.jpg



高松の2日目。
この日はこんぴらさんに行く予定なので、その前に朝食でうどんのハシゴ。

一軒目は「さか枝」。香川県庁のすぐ裏のセルフの有名店。
d0073770_9241331.jpg
高松では珍しくもないが、普通の住宅街の中にポツンと現れるうどん店。


d0073770_9241446.jpg
おそばもあるのが、香川のうどん店では珍しい。東京では普通だけど。

d0073770_9241516.jpg
【釜玉うどん小 280円】
昨日は「ひやひや」と「あつあつ」だったので、いろいろ試すべく釜玉をチョイス。ううう、美しい。

d0073770_9241576.jpg
まずは混ぜずにうどんだけをひとくち。いい歯ごたえ!
そして、うどんが熱いうちにイッキにかき混ぜると、いい感じに玉子が固まり、空気も入ってトロトロに。
釜玉専用なのか、少し濃いめのおだしが玉子でまろやかになり、まさに絶品。

d0073770_924169.jpg
一心不乱にうどんを啜り、あっという間に完食。
さて、次のお店へ。

http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000026/
[PR]
by gukita | 2014-06-04 07:00 | うどん・そば

めんめ焼き とさか(高松・焼き肉?)

d0073770_1254466.jpg

高松の夜。
昼のうどん食べ過ぎによりなかなかお腹が空かなかったが、22時近くなり、さすがにコバラが。
こんなこともあろうかと、昼間のうちに目星を付けておいた「めんめ焼き」なるお店へ。
外観の写真は失念したが、高松の繁華街丸亀町アーケードのすぐ近くです。
d0073770_1254496.jpg
【生ビール中 450円】まずはビール。実はコバラどころかけっこう空腹だったので、撮影も忘れてひとくち飲んでしまった。
ちなみに「めんめ焼き」とは、讃岐弁で「自分で焼く」という意味だそうで、七輪で鶏肉を焼いて食べる店。普通の焼き肉店ではポピュラーなスタイルだが、鶏肉に特化しているのが特徴。

d0073770_1254528.jpg
【肝刺し盛り合わせ 950円】
メニューに生肉があれば必ず発注することにしている。きも(レバー)、ずり(砂肝)、はつ(心臓)の三点。どれも美味しいし、それぞれ食感が違って楽しい。

d0073770_1254665.jpg
さて、メインは、、、ひとりなので単品をひとつふたつ選ぼうかとも思ったが、せっかくなのでいろいろ食べられる「肉盛り合わせ」を発注。

d0073770_1254956.jpg
【肉盛り合わせ 1000円】
いろいろな部位を「少しずつ」、のつもりが、想定外のボリューム。大量の肉を目の前にしたワクワクと、食べきれないのではという不安が共存。

d0073770_1254767.jpg
とりあえずひたすら焼きまくる。あ、そう言えば人生初のひとり焼き肉かも。
鶏はすべて「種鶏」という鶏だそうで、どの部位もしっかりした味がします。

d0073770_1254967.jpg
おもしろいのが、ささみ。さすがにそのまま焼くとパサつくので、豚バラ肉で巻いてある。まさかの肉巻き肉である。鶏の旨みと、豚の脂とカリッとした食感。うむ、これは美味い。

d0073770_1254881.jpg
ひとりで食べるには量が多かったが、種類が多く、同じ鶏でも味も歯ごたえも多様なので、飽きることもなく完食。ごちそうさまでした!

http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37004479/

あしたの朝はまたもやうどんのハシゴの予定があるので、高松の繁華街をぐるぐる散歩してから、ホテルに戻りました。
[PR]
by gukita | 2014-06-03 22:00 | 焼き肉

麺処 綿谷 瓦町店(高松・うどん)

高松のうどん2軒目。「ちくせい」を出たその足で、高松の繁華街、瓦町方面に向かいます。

d0073770_17433696.jpg
アーケードの中にある「麺処 綿谷」。なんだか立派な外観ですが、東京にもある「はなまるうどん」のような、半セルフ?的なお店です。

d0073770_17433677.jpg

d0073770_17433793.jpg
メニューは普通のうどん屋と同じような感じですが、この店の売りは「肉うどん」。しかも豚肉と牛肉の両方があります。

d0073770_17433724.jpg
【スペシャルぶっかけ 450円】
10分前に2玉を食べたばかりなので、ハーフにしようとも思ったが、どうせなら牛豚両方食べるべきであろうと、スペシャルを発注。1軒目が「ひやひや」だったので、今度は「あつあつ」で。
しかし、これもボリュームたっぷり。これで450円とは。。。

d0073770_17433862.jpg
何度見ても白く美しいうどん。
今度は落ち着いてすする。あら、けっこう柔らかい。うーん、ひやにすればよかった。。。それでもじゅうぶん美味しいけど。
肉は牛豚ともにけっこう甘めだけど、ほんのり生姜の風味。ほどよく脂が落ちていて、しつこくない。ひやにすると脂が固まるのでは、との懸念もあり、あつあつにしたのだが、これならひやでも、というかひやのほうが美味しいかも。

d0073770_17433914.jpg
半分ほど、牛豚それぞれの味を楽しんだあと、卵を割ってごちゃ混ぜにして一気にかきこむ。ダシと肉と卵の渾然一体、ああ幸せ、というわけで完食。

さすがに食べ過ぎた。歩くのもしんどいほどの満腹。

http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37005730/
[PR]
by gukita | 2014-06-03 11:30 | うどん・そば

ちくせい(高松・うどん)

出張で高松に来ました。
うどんをたくさん食べます!


d0073770_17181051.jpg
というわけで、初日の昼、空港からのリムジンバスを降りるやいなや向かった先は、「ちくせい」。有名なセルフうどん店で、ちくわ天と半熟玉子天が名物のようです

d0073770_17181177.jpg
【うどん2玉 230円】
初日の昼からさっそく2軒ハシゴする予定だったので、少なめにするつもりが、あまりの空腹とテンション高揚により、2玉をオーダーしてしまった。
麺を温めずに、冷たいダシをかけて「ひやひや」でいただくことにする。

d0073770_17181259.jpg
【ちくわ天 半熟玉子天 各100円】
もちろん天ぷらも発注。合計430円でこのボリューム、さすがはうどん県。
ちなみに、注文の手順がわかりにくいですが、店のおばちゃんがなんとなく教えてくれます。

d0073770_17181431.jpg
あぁ、美しいツヤ。
うどんはもちろん、打ちたて・切りたて・茹でたて。厨房の中でうどんを打っているのが見えるので、間違いない。

前述の通り空腹MAXなので、一心不乱にすする。うおぉ、美味い、美味い。コシがあるのはもちろんだが、なんだろう? なんだかわからないけど、すごい美味しい。あと、いりこダシが、あっさりしているけどコクがあり香り高く、かつ、うどんに良く絡む。

d0073770_17181246.jpg
手打ちなので、麺が不揃いなのもご愛敬。

d0073770_17181393.jpg
半熟玉子天も、期待に違わずトロトロ美味。しかし、それ以上にクオリティが高いのがちくわ天。いわゆる瀬戸内の練り物らしく、密度が高く魚の味が強い。薄めで口当たりも軽い衣と良く合う。

1杯目から良いパンチをもらってしまった。。。うどん県恐るべし。しかし負けずに、2軒目に向かいます!

http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000051/
[PR]
by gukita | 2014-06-03 11:00 | うどん・そば