ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

タグ:カレー ( 15 ) タグの人気記事

キッチンヨッチ

今日のカレー部は初の遠征。
江戸川橋の「キッチンヨッチ」まで徒歩15分。

d0073770_22352018.jpg

「カレーの店」を名乗りつつも、揚げ物メニューが豊富で、
近所のサラリーマンに人気らしい。

到着すると、やはり店内はサラリーマンで満席。
しかも、なんていうかスタバで言うとTall かGrande みたいな
男性ばかり。



d0073770_22355560.jpg

メニューは、豊富なトッピングメニューに加え、ルーおかわり可能と、
食いしん坊の心のやらかい場所をわしづかみ。

d0073770_22391438.jpg
【カツカレー方円の陣】

僕はハムカツカレー目玉焼き乗せを発注。
厚切り・衣ザクザクのハムカツが美味い!
「カレーの店」だけあり、カレーも文句なし!

d0073770_22431886.jpg

ただ一つ残念だったのは、ハムカツが100%カレーに浸されていたこと。
できれば、カレーのかかっていない、ピュアなハムカツも味わいたかった。
今度は別盛りにしてもらおう。

ボリュームも満点で、食後は部員全員グロッキー。
腹ごなしにゆっくり歩かざるを得ず、職場に戻るのが15分遅れました。
ごめんなさい。
[PR]
by gukita | 2011-10-24 22:45 | カレー

【築地010】鳥藤

夏はカレーばかり食べていたので、久しぶりの築地場内。

といっても、カレー目当てで鳥藤の場内店へ。

d0073770_2359311.jpg
【半年前くらいにオープンした鳥藤場内店】

この日も、というか3連休の中日のこの日は特に大混雑。
でも寿司屋以外はノーウェイトで入れる。
寿司以外も美味しいよ。しゅうまいとか。

ほかの店とも迷ったが、鳥藤にしたのは久々に
「親子カレー」を食べるため。

d0073770_031284.jpg
【親子カレー 850円だったかな?】

この美しき黒と黄色のエクスタシー。
「あいがけ」が定番の築地でも、ありそうでなかった禁断の組み合わせ。
これが美味しくないわけがない。

鶏肉専門店だけに、親子丼部分が美味いのは鉄板。
うまみの濃厚な鶏肉を、まろやか&絶妙な火加減の卵が包む。
まさに官能。

これでカレーが美味しければ無双、、、なのだが、
なんだかルーのねっとり感ばかりが前面に出て、スパイスとか、
野菜の味とか、チキンの味はあまり感じないのが、少し残念。

とはいえ、カレーと親子丼の相性は間違いなくマリアージュと呼べるもの。
ぜひ一度は食べてほしいメニュー。

鳥藤にはほかにも、「親子丼塩味」とか「親子丼塩味2号」とか、
気になるメニューがあるので、また来ます!
[PR]
by gukita | 2011-10-12 00:16 | カレー

キッチン南海

加速度を増す職場のカレー部。

この日は早稲田の老舗といっても過言ではない、
「キッチン南海」。

日がな一日カツを揚げ生姜焼きを焼くマスターの顔は
脂でてかてか、でおなじみの店。

狭い店内にもかかわらず5人でおしよせ、
全員がカツカレーを発注。

d0073770_23481541.jpg
【カツカレー魚鱗の陣】

d0073770_2350653.jpg
【実は自分だけこっそりメンチカツカレー】

さすがは揚げ物専門店、ザクザクとしてジューシーな揚げ物が
とてもおいしい。

カレーは、家庭風カレーとスパイシーな本格的カレーの
ちょうど中間で、なめらかカツスパイシーでイイ感じ。

なんというか、王道のカツカレー。
[PR]
by gukita | 2011-10-11 23:54 | カレー

東京カレー名店会②

まさかの2日連続訪問。
というのも、前日こんなメニューを発見していたから。

d0073770_23395477.jpg

なんと!(というほどでもないが)、5店のカレーをすべて一度に
食べられるのである。

じつは前日も一瞬、これを注文しようか迷ったのだが、
2人でのシェアを推奨されているのを1人で食べるのは、
胃的には食べられるだろうけど、バカっぽいので断念したのでした。

というわけで、この日は妻を連れてリベンジに来たのです。

d0073770_23381094.jpg
【コンボカレー 2300円+ライス・スープ追加200円】
うーん、壮観。これぞオールスター。

しかし、このメニューにはいろいろな落とし穴が。
・5種類もあるとどれがどれだかわからない。
・メニュー写真と見比べながら食べると、味に集中できない。
・5皿のルーを2人で分けると、自分がどれだけ食べていいのか
 わからない。
 (そしてライスの消費が速すぎてお代わりする羽目に)
・よって、結局すべて印象に残らない。

どれも美味しかったんだけど、2種類くらいをしっかり味わって
食べたほうがいいようです。
[PR]
by gukita | 2011-10-09 23:45 | カレー

東京カレー名店会

カレー部のおかげで完全にカレー中毒な今日この頃。
休日だというのに休まず個人練習に取り組む模範的部員。

この日は有楽町ITOCIA地下の「東京カレー名店会」へ。
都内の有名カレー店5店のカレーが一堂に会した、
まさにカレー界のオールスターゲーム!

そんなテンションで向かったところ、店が意外に小ぢんまりで
少々肩すかし。デパ地下の片隅によくある、フレッシュジューススタンドに
毛が生えた程度のスペースしかない(注:ちゃんと座れますよ)。

d0073770_236852.jpg
【メニュー】
5店舗のカレーのうち2品を組み合わせることができる「2店盛り」の中から、
「Aセット」を発注(バターチキンはそんなに好きじゃないので)。

d0073770_231036.jpg
【2店盛りAセット 920円】
神保町「エチオピア」のオリジナルカレーと、神田「トプカ」のインド風
ポークカレーの盛り合わせ。

二日酔いにつき、さらりとスパイシーなカレーを欲していたので、
これは期待できるビジュアル。

肝心のお味はというと、両方とも美味い!
スパイスが効いていて、野菜の甘さもあるのは当然としても、
「エチオピア」はチキンのコクが、「トプカ」は豚の脂のうまみが
底辺を支えていて、複雑な味わい。うん、美味い。

ほかの店のカレーも気になるので、これは再訪決定。
[PR]
by gukita | 2011-10-09 23:28 | カレー

ターリー屋

とどまるところを知らない職場のカレー部。

今日はわりと本格的なインドカレーを食べられる
「ターリー屋」を訪問。

焼き立てナン食べ放題のため、普段は腹ペコ大学生たちで
満員の店だが、この日はまだ夏休み中とあって、それほど
混雑はしておらず。

d0073770_22504489.jpg
【ターリー屋定食 たしか850円】

この世のすべてを覆い隠すかのような巨大なナン。

しかしそのナンをどけてみると、、、
d0073770_22522221.jpg
ナンと(!?)、中からはターメリックライスがこんにちは。
雨が上がり、雨天中断のブルーシートの下から出てきた
ピッチャーマウンドのよう。

このスタイルのカレーはルーとナンとライスの配分が
とても難しく、だいたいいつもどれかが余るはめに。

あ、味は普通においしいです。
[PR]
by gukita | 2011-10-09 22:57 | カレー

三品

同僚たちのカツカレーブームは収まるところを知らず、
(みんな30代なのに。。。)
今日は早大生のふるさと三品へ。

意外にも僕以外の3人は初三品。
カレーブームの皆様がミックスやらカツカレーを
チョイスする中、僕はいつもの大カツ玉。

d0073770_0242588.jpg
【大カツ玉 860円 やっぱりアッガイに見える】

よく考えると、学生街の食堂にしては、けっこういい値段。
しかし気付くとふらふらと食べに来てしまう、この街にありがちな
中毒性の高いメニュー。
[PR]
by gukita | 2011-09-25 00:27 |

キッチンオトボケ

なぜか職場でカレーが流行り始めた。
しかもカツカレー。

というわけで、この日は言わずと知れた早稲田の迷店、
キッチンオトボケへ。

う~ん、安くて量が多い。

d0073770_23561635.jpg
【カツカレー650円? 小高い丘はまっさらなピッチャーマウンドのごとし】

d0073770_2357232.jpg
【大盛と並盛の比較】


でも実は僕が食べたのはカニクリームコロッケ。
(カツカレーは同僚がたべた。)

d0073770_23591681.jpg
【カニクリームコロッケ550円? カニはどこにいたのだろう?】
[PR]
by gukita | 2011-09-25 00:00 | カレー

【夏休みカレー週間⑥ わせ弁 カツカレー】

職場の夏休みは終わりましたが、今日は8/31。
全国的に夏休み最終日のはず。

というわけで、行く夏を惜しみつつ、
わせ弁のカツカレーを

なんで買ったかなあ。

d0073770_0163930.jpg
【カツカレー たしか500円】


味についてはコメントしません。
見た目的には、なんていうか潔いね。

久しぶりに、わせ弁でから揚げレスのメニューを買ったなあ。
[PR]
by gukita | 2011-09-19 00:18 | カレー

【夏休みカレー週間⑤】カレーショップ真寿舎(ますや)

夏カレー第5弾は、築地場外のカレーショップ真寿舎へ。

路地裏というか、もはや関係者以外立入禁止じゃないかと
思うような場所に、カウンター4席だけのひっそりとした店構え。

初訪問なので、ビーフ、シーフード、キーマ、ハヤシカレーの中から
2種類をチョイスできる「あいがけ」の「ビーフ×シーフード」を発注。

d0073770_12511676.jpg
【あいがけ 800円】
一見、ただのカレーのように見えるが、よく見ると右半分と左半分で
ルーの色が違うのがお分かりいただけるだろうか。
左側がビーフ、右側がシーフード。

まずはシーフードからいただく。
シーフードカレーと言うと、大ぶりの魚介がゴロゴロしている、
ビジュアル的にインパクトのあるものを想像するが、このカレーには
小さなベビーホタテと小さなエビが入っているのみ。見た目にはさみしい。
しかし、ルーには魚介(ホタテかな?)のうまみがたっぷり!
ゴロゴロ入った人参の甘みと良くマッチして、これはおいしい。
控え目ながら、スパイスも効いている。

一方ビーフカレーは、シーフードに比べてしっかりとスパイスを感じる。
やはり肉はそれほど入っていないが、コクがあっておいしい。

シーフードだけでは少しパンチが足りないので、スパイスの効いたビーフとの
あいがけがちょうどいいかも。

また、福神漬ではなく自家製の野菜のマリネがたっぷり添えられる。
d0073770_1314941.jpg

大ぶりにカットされたズッキーニをはじめ、キャベツ、きゅうり、玉ねぎなどが、
程よい酸味でつけられていて、口直しには適任。
てゆうか、カレーの付け合わせにしておくにはもったいないくらい美味しい。
これ単品で商品になるよ。

訪問したのは午前中で、客は自分一人だったけれど、
気さくで人のよさそうな初老のマスターが話しかけてくれて、
居心地もいい。

また来ます!
[PR]
by gukita | 2011-08-29 13:07 | カレー