ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

タグ:ラーメン・つけ麺 ( 11 ) タグの人気記事

辛子にんにく亭(早稲田・油そば)

土曜出勤のランチ。
ラーメン気分で早稲田界隈をウロウロするものの、ランチタイムど真ん中で、どの店も中高生・大学生で溢れている。

そんななか、半年前くらいにオープンしたこの店は、細い階段を上がった2階というロケーションもあり、比較的空いているので、久しぶりに訪問。

d0073770_8474750.jpg

初訪問のときは、あまり印象に残らず、3ヶ月ぶり2度目の訪問。


d0073770_8474951.jpg
当時にはなかった新メニュー「鶏から油そば」が気になりすぎて、迷わず食券を購入。なぜ唐揚げを乗せるのか。油そばのトッピングとして、「混ざらない」食材はどうなのか。

d0073770_8475057.jpg
【鶏から油そば 並盛 650円】
大盛までは同価格だが、ランチタイムサービスの半ライスを付けるので、並盛にしました。ちなみに、半ライスではなく、半チャーハンも選択可能。

d0073770_8475159.jpg
あえてチャーハンをチョイスしなかったのは、「唐揚げ定食」と「油そば」の両方を楽しむため。

d0073770_8475146.jpg
まずは唐揚げから。
油そばの店なので、はっきり言って唐揚げにはまったく期待していなかったが、これが嬉しい誤算! 揚げたてというだけでも嬉しいのに、衣はカリッとスパイシー、中は下味しっかりジューシーで、その辺の定食屋の唐揚げよりずっと美味しい!
厨房を覗くと、なんと、麺を茹でている間に、その都度、揚げている。しかも、冷凍でもなく、ちゃんと自家製。うーん、この真面目さが素晴らしい。

d0073770_8475255.jpg
続いて、主役の油そばへ。丼の底からぐるんぐるんとかき混ぜて、わしわしと食べると、意外に?美味い。前回訪問時とは明らかに違う。美味い。

麺がもっちりとしこしこの中間のとても良い歯ごたえで、小麦の香りもする。タレは、油そばがご飯のおかずになるくらいの、ちょっと濃いめ。フライドオニオンが甘さを、小エビを揚げたヤツが香ばしさをプラスするうえ、食感にもアクセントを与える。

これは、3ヶ月の間に完全に化けた感じ。価格もリーズナブルだし、彗星の如く登場したニューヒーローです。

(ちなみに、前回の写真と比較したら、麺が明らかに違うものでした。)
[PR]
by gukita | 2014-05-17 12:20 | ラーメン・つけ麺

えび金(築地・ラーメン)

d0073770_1861668.jpg
3月に、築地場外市場のはずれにオープンした「えび金」に初訪問。オープン間もなくから、メディアやグルメブログで評判のお店。

d0073770_1861650.jpg
一杯あたり50尾の海老が使われているとのこと。期待が高まります。

d0073770_1861717.jpg
メニューはシンプルに、「海老そば」と「チャーシュー海老そば」の2種類のみ。あとはライスとトッピング類。

d0073770_1862266.jpg
【海老そば 780円】
厨房を覗くと、とても丁寧に調理している様子が見てとれる。スープは、火に掛けっぱなしだと味が落ちるのでしょう、注文が入る度に小鍋にとって温めている。そして、麺を茹で始めるのとタイミングを合わせて、スープを丼に注ぐことになっているようす。

d0073770_1861989.jpg
まずはスープをひとくち。期待どおり、これでもか、と海老の風味が広がる! かと言って甲殻類特有のえぐみ、生臭さもなく、美味しい部分だけが抽出されている。

d0073770_1862020.jpg
麺はかなり細め。茹で時間も恐らく1分未満だったし。麺にも海老粉が練り込まれているらしく、シャキッとした歯ごたえ。ラーメンと言うより日本そば的な麺。スープと相性よし。

d0073770_1862121.jpg
麺を完食した後は、残ったスープを別注のライス(120円)にかけて海老雑炊に。海老50尾分、残さずいただきました。

これは、美味いラーメンと出会ってしまった。はっきり言って、オススメ。

http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13164977/
[PR]
by gukita | 2014-05-10 13:00 | ラーメン・つけ麺

和楽 大勝軒(早稲田・ラーメン)

何を食べるか決めかねて、大隈通り商店街をウロウロしていたある昼休み。

そういえば大勝軒系のラーメンを久しく食べていないなあ、と「和楽 大勝軒」へ。

d0073770_8404570.jpg
2年前くらいに、「喫茶アリカ」の跡地にオープンした店。どういうわけか、最近値下げされ(店主が変わったっぽい)、麺2玉の中盛が500円で食べられる。

d0073770_8403540.jpg
【ラーメン中盛 500円】
店名のとおりだし、当たり前だけど大勝軒系の外観。ただ、トッピングはなんだか寂しい印象。

d0073770_8404210.jpg
麺も特に特徴なし。もっとモチモチしてると期待していたけど、そうでもない。

特筆すべきことはなにもないが、500円でお腹いっぱいになるので、学生街では需要があるのかも。

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13148711/
[PR]
by gukita | 2014-04-18 12:00 | ラーメン・つけ麺

ぽっぽっ屋(晴海・ラーメン)

1月3日、2014年の初ラーメンは晴海トリトンスクエアの「ぽっぽっ屋」。年中無休で非常に重宝してます。いつもお世話になっております。

d0073770_8442841.jpg


正月っぽい食事に飽きて、身体がピリ辛を欲していたので、「味噌つけ麺」
を、「野菜少なめ」「ニンニク」「激辛」で発注。ちなみに辛さは激辛・酷辛・猛辛の三段階なので、激辛とはいえこれがデフォルト(メニューには書いてないが、「辛さ無し」もある)。
d0073770_844296.jpg
【味噌つけ麺 950円】

d0073770_8443056.jpg
【麺アップ】

浅草開花楼のガツンとした極太麺、しかも縮れ麺に、ドロリとしたつけダレが絡みまくる。
かと言って、ほのかに酸味の効いたつけダレはしつこすぎす、麺も食感・小麦の香りともにパワフルで、つけダレに負けない。
う〜ん、やっぱりつけ麺は極太麺に限る! 美味しゅうございました。

d0073770_8443157.jpg

[PR]
by gukita | 2014-01-03 13:00 | ラーメン・つけ麺

【北陸シリーズ】麺屋 大河

「黒百合」でほろ酔いになったあと、チョイとコバラが、、、というわけで検索してみると、ホテルのすぐ近くに評判のよいラーメン屋が。

迷うことなく突撃。

d0073770_8461283.jpg
訪問時に写真を取り忘れ、翌朝に散歩がてら撮影したのでこの写真は朝です。

d0073770_8461365.jpg
【味噌ラーメン 680円】
美しい盛り付け。
食べてみると、その外見とは裏腹にけっこう濃厚。でも、トッピングされたゆずと生姜のおかげかしつこくはなく、キレがよい。
メンマ、チャーシューも、私好みの薄味で食感もよい。
麺は黄色い縮れ麺で、しっかりしたコシ。濃厚なスープと好相性。

これは、美味い味噌ラーメンに出会ってしまった、、、人生に2番目に美味い。なかなか食べに来れないけど(´・_・`)

ちなみに人生最高の味噌ラーメンは札幌の「彩未」。これも滅多に食べられない。。。
[PR]
by gukita | 2013-09-12 22:00 | ラーメン・つけ麺

【築地008】やじ満(2回目)

すっかり気に入ったシュウマイの名店(勝手に認定)、やじ満。
この日は冬の名物、かきラーメンを食べに来ました。

とはいえ、まずはシュウマイ、シュウマイ。

d0073770_005344.jpg
【不揃いの焼売たち】
美味い、美味すぎる。十万石まんじゅうより美味い。
みんな寿司屋に並ぶくらいなら、シュウマイ食べればいいのに。
待ち時間ゼロだし。

そして本日の主役、かきラーメンの登場。

d0073770_042050.jpg
【かきラーメン 950円】
軽くソテーされた大粒の牡蠣が5粒も乗っている。

スープを一口飲んでみると、磯の香りがぶわっと、、、
来るかと思ったらそうでもない。

カキを一口食べてみると、磯の香りがぶわっと、、、
来るけどそれを通り越して若干生臭い。

たぶん、僕が二日酔いだったのがいけないのだと思います。

体調万全のときにリベンジ、と行きたいところですが、
この店にはほかにも気になるメニューがたくさんあるので、
リベンジは来年の牡蠣シーズンになりそうです。
[PR]
by gukita | 2011-03-10 00:09 | しゅうまい

【築地005】たれ麺 十六

このお店、本来は「Bar SiSi(しし)」というお店なのだけど、
昼は「十六」と名前を変えてラーメン屋になっている模様。
(4×4=16、ということか、、、)
看板もほぼ「Bar SiSi」なので、店を見つけるまでに
5分くらい店の前をウロウロしてしまった。
d0073770_10361837.jpg


メニューは「たれ麺」のみ。たれ麺中盛りとトッピング温泉卵を発注。
浅草開化楼の太麺が茹でられている間に、「たれめん食べ方ご指南」で予習。

d0073770_1043477.jpg
【取っちまってかまいません、とのこと】

自分好みにカスタマイズできるのが特徴のようで、
卓上にはたくさんの粉たちが並ぶ。
d0073770_10452410.jpg
【魚粉のうしろには胡椒・ラー油など】

前置きが長くなりましたが、ようやくたれ麺の登場。
d0073770_1049174.jpg
【たれめん中盛り700円 +トッピング温玉100円(奥の小鉢に別盛り)】

指南書通りにぐいぐいとかき混ぜ、いただきます。

太ちぢれ麺にたれがよく絡んで、美味い!
ただ、普通のつけ麺と比べると油感が強いので、2~3口で少し飽きる。
そこで粉たちの登場。

魚粉が間違いないのはもちろん、いろいろと味が変わって
最後まで楽しく食べられる。

「カレー魚粉」は、どこかで食べたことのある、安っぽい味だと思ったら、
隣の席のサラリーマンが
「これはあれだ、ビックカツだ!」
と言っていて、思わず膝を打ちました。
[PR]
by gukita | 2011-02-26 11:10 | ラーメン・つけ麺

【築地004】やじ満

シュウマイ激戦区(おおげさ)第二弾は、場内8号館の「やじ満」。
ここも、大きなシュウマイが売りのお店。

麺類も評判の店だけど、なにはともあれシュウマイ、シュウマイ。
d0073770_2320221.jpg

【シュウマイ2個 280円】

発注から20秒程度で供される、大ぶりのシュウマイ。
もう、官能的に美しい(おおげさ)。
築地標準で、ここでもソースで食べることを推奨される。
粗挽き豚肉と玉ねぎだけのシンプルかつ力強いシュウマイ。
これは確かに、ソースがベストマッチ。
しょうゆでは、シュウマイ本体の力強さに歯が立たない。
なんで4個発注しなかったか、後悔するほど。。。

そして、シュウマイと並ぶこの店の名物、にらたまそば。
d0073770_23282891.jpg

【にらたまそば 780円(だと思う)】

もう、見た目でノックアウト。
絶妙と言うほかない、絶妙なとろみ加減の卵。
卵の黄色の上に美しく散らばるニラの緑。

味も、もちろん見た目に負けていない。
しっかり味の鳥ガラスープを、半熟の卵がまろやかにしている。
やわらかめの中細麺がそのスープをしっかりと捕まえる。
にらたまと名乗っているものの、にら、卵以外にも
たまねぎ、豚肉、きくらげ、イカと、
あとからあとから登場する具材たち。
かなりのボリュームにもかかわらず、
最後まで楽しく食べられる。

これは、いい店を発見。
次は、もう一つの名物、冬季限定「かきラーメン」に挑戦します。
[PR]
by gukita | 2011-02-06 23:42 | しゅうまい

麺屋武蔵 鷹虎

この日は久しぶりに仕事で外出。
高田馬場駅に降り立つと、「麺屋武蔵 鷹虎」の看板が目に入る。

そういえば、朝にメガマフィンを食べたおかげで、
15時過ぎだというのに昼食はまだだった。

メガマフィンの残党が体内に残留しているようで、
まだ空腹ではなかったけど、高田馬場に来る機会も
それほどないので、思い切って暖簾をくぐる。

d0073770_9551716.jpg

【つけ麺あつもり 750円】

よくある、魚介系の濃厚スープだが、
魚介の風味が強すぎず、全体の調和がものすごくうまくいっている。
断面が正円形のもちもち太麺との相性もよい。


そして、めずらしいのがコレ。
d0073770_1012139.jpg


なんと、つけ麺を卵につけて食べろというのである。
卵大好き人間としては、チャレンジせざるをえない。

d0073770_10349.jpg

【つけ麺虎玉子 100円】

これが不思議おいしい。
つけ麺を食べているんだけど、
すき焼きを食べているような、
月見そばを食べているような。

麺を並盛でオーダーしたのだけど、
大盛にすればよかった、と思うほど、
楽しく美味しゅうございました。
[PR]
by gukita | 2011-01-30 10:10 | ラーメン・つけ麺

ぽっぽっ屋

休日は飲食店が軒並み定休でとなる勝どき周辺。
そんななか、年中無休で使い勝手の良いのが、
トリトンスクエアにあるこのラーメン屋。

d0073770_23374058.jpg

ただのラーメン屋のくせに、店内からの眺めがよい。
眼下に朝潮運河を望み、彼方にはスカイツリーも。

d0073770_2349441.jpg

【とんこつ味噌ラーメン 900円】
こんもり野菜を見てわかるように、
いわゆる二郎インスパイア系である。

特徴的なのは、その麺。
極太ちぢれ麺で、1本1本が短い。
うどんどころか、まるで「すいとん」を食べているかのよう。
しかもデフォルトで固めに茹でられていて、
かな~り強烈。
d0073770_23463354.jpg


この麺が食べたくて、ついつい行ってしまう店なのです。
[PR]
by gukita | 2011-01-10 23:50 | ラーメン・つけ麺