ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

タグ:早稲田 ( 14 ) タグの人気記事

辛子にんにく亭(早稲田・油そば)

土曜出勤のランチ。
ラーメン気分で早稲田界隈をウロウロするものの、ランチタイムど真ん中で、どの店も中高生・大学生で溢れている。

そんななか、半年前くらいにオープンしたこの店は、細い階段を上がった2階というロケーションもあり、比較的空いているので、久しぶりに訪問。

d0073770_8474750.jpg

初訪問のときは、あまり印象に残らず、3ヶ月ぶり2度目の訪問。


d0073770_8474951.jpg
当時にはなかった新メニュー「鶏から油そば」が気になりすぎて、迷わず食券を購入。なぜ唐揚げを乗せるのか。油そばのトッピングとして、「混ざらない」食材はどうなのか。

d0073770_8475057.jpg
【鶏から油そば 並盛 650円】
大盛までは同価格だが、ランチタイムサービスの半ライスを付けるので、並盛にしました。ちなみに、半ライスではなく、半チャーハンも選択可能。

d0073770_8475159.jpg
あえてチャーハンをチョイスしなかったのは、「唐揚げ定食」と「油そば」の両方を楽しむため。

d0073770_8475146.jpg
まずは唐揚げから。
油そばの店なので、はっきり言って唐揚げにはまったく期待していなかったが、これが嬉しい誤算! 揚げたてというだけでも嬉しいのに、衣はカリッとスパイシー、中は下味しっかりジューシーで、その辺の定食屋の唐揚げよりずっと美味しい!
厨房を覗くと、なんと、麺を茹でている間に、その都度、揚げている。しかも、冷凍でもなく、ちゃんと自家製。うーん、この真面目さが素晴らしい。

d0073770_8475255.jpg
続いて、主役の油そばへ。丼の底からぐるんぐるんとかき混ぜて、わしわしと食べると、意外に?美味い。前回訪問時とは明らかに違う。美味い。

麺がもっちりとしこしこの中間のとても良い歯ごたえで、小麦の香りもする。タレは、油そばがご飯のおかずになるくらいの、ちょっと濃いめ。フライドオニオンが甘さを、小エビを揚げたヤツが香ばしさをプラスするうえ、食感にもアクセントを与える。

これは、3ヶ月の間に完全に化けた感じ。価格もリーズナブルだし、彗星の如く登場したニューヒーローです。

(ちなみに、前回の写真と比較したら、麺が明らかに違うものでした。)
[PR]
by gukita | 2014-05-17 12:20 | ラーメン・つけ麺

和楽 大勝軒(早稲田・ラーメン)

何を食べるか決めかねて、大隈通り商店街をウロウロしていたある昼休み。

そういえば大勝軒系のラーメンを久しく食べていないなあ、と「和楽 大勝軒」へ。

d0073770_8404570.jpg
2年前くらいに、「喫茶アリカ」の跡地にオープンした店。どういうわけか、最近値下げされ(店主が変わったっぽい)、麺2玉の中盛が500円で食べられる。

d0073770_8403540.jpg
【ラーメン中盛 500円】
店名のとおりだし、当たり前だけど大勝軒系の外観。ただ、トッピングはなんだか寂しい印象。

d0073770_8404210.jpg
麺も特に特徴なし。もっとモチモチしてると期待していたけど、そうでもない。

特筆すべきことはなにもないが、500円でお腹いっぱいになるので、学生街では需要があるのかも。

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13148711/
[PR]
by gukita | 2014-04-18 12:00 | ラーメン・つけ麺

御食事処 三福(早稲田・定食屋)

職場近くの、知る人ぞ知る隠れ家的定食屋「三福」。
わせめしの合言葉「安くて量が多い」に完全に一致するにも関わらず、少々大学から離れているため、あまり知られていない。かく言う私も、この店を知ったのは、つい一年ほど前。
d0073770_16182737.jpg


この店、御歳90を越えていると噂のおかみさん(腰も90度曲がっている)がホールを担当し、厨房担当の息子とふたりで切り盛りしている。
しかしながら、この息子がどうしようもなく手際が悪い。本当に悪い。それに対しておかみさんがキレる→息子が逆ギレ、という、まるでコントのような、それでいて微笑ましいやりとりが見られる。この店の最大の魅力かもしれない。

メニューは、「マルジュウ」という符丁で呼ばれる日替わり定食のほか、生姜焼き、トンカツ、焼肉丼、まぐろ漬け丼など幅広い(それが厨房の手際の悪さを助長している)。
この日は丼な気分だったので、初めて「カツ丼セット」を発注。
d0073770_16182883.jpg
【カツ丼セット 600円】
かなりボリューミーなカツ丼に、ポテトサラダ、小鉢(この日はチキンボールのクリーム煮)、お新香、味噌汁が付いて、600円のお値打ち価格。なお、追加料金なしで豚汁へのアップグレード可能。
ちなみに、増税前は同じ内容で500円だった。驚きのコスパ。増税を機に100円アップしたのも、素直に受け入れられる。

d0073770_16182971.jpg

カツはかなりハードな衣で、よく煮られているがザクザクした歯ごたえをキープしている。なぜか具としてほうれん草が入っているが、実はこれが良い仕事をする。

d0073770_16182940.jpg

肉はなんと、生姜焼き用?の薄切り肉4枚重ね。まるでキムカツw 脂少なめの肉だが、パサつかずにいただける。
しかし量が多いので、途中くじけそうになるが、そんな時にはほうれん草のほろ苦さが箸休め的な良い仕事をしてくれる。

はっきり言って、すごく美味しい! という店ではないが、お腹いっぱいになるし、おおらかな気持ちで訪問すれば、なんともほっこりする店です。

ただし、手際は悪いので非常に時間がかかります。その点はご注意あれ。

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13112727/
[PR]
by gukita | 2014-04-02 12:45 | 定食

エルム(早稲田・洋食?)

大学はもうすぐ春休み。
大学が休みに入ると、近隣の個人経営の飲食店も休みになるので、今のうちに「エルム」に行っておく。
d0073770_9343447.jpg

もはや説明不要の早稲田一の迷店。

d0073770_9343592.jpg

メニュー。なんでも、40年間値上げしていないらしい(そんな内容のことを、マスターがしゃがれた声でブツブツ独り言で言っていた)。

d0073770_9343540.jpg
【カルボナーラ大盛り 580円】
カルボナーラでもなんでもない、強いて言うなら、マーガリンベーコン焼きそば。妙に美味しく感じ、中毒性があってやめられない。

d0073770_9343661.jpg
【極太麺をアップで】
見たところ、作り方も非常に雑。しかし、家で再現を試みてもうまく行かない。そのためにわざわざ極太のパスタを探し出して買ったのに。

マスターはいつも元気だが、それなりに高齢のはずなので、今のうちに通い詰めて、カルボを自作できるようにせねば。

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13009936/
[PR]
by gukita | 2014-01-23 12:00 | 洋食

源兵衛(早稲田・居酒屋)

一月のとても寒い金曜日、職場のくだらないw仲間たちと早稲田の老舗「源兵衛」で飲み会。

初めて2階の座敷席に入ったが、デフォルトで隣人と袖振り合う1階のテーブル席とは違い、広々ゆったり。

いろいろ食べたので、写真を中心に。
d0073770_8501015.jpg
【玉子焼き】こんなベッドの上で眠りたい。

d0073770_8501167.jpg
【フレンチフライ】この日の最優秀新人賞。ガーリック風味がたまらない。

d0073770_8501152.jpg
秀逸なツマミの数々にビールのペースも加速。

d0073770_8501271.jpg
【シュウマイ】説明不要。不動のセンター。

d0073770_8501375.jpg
【焼鳥盛り合わせ】素朴だけどふっくら。肉屋の店先で売ってる焼鳥の究極進化型。

d0073770_8501450.jpg
【上焼きそば】これまた素朴。しかしながらトッピングチャーシューは斬新。

d0073770_8501487.jpg
【オムライス】シュウマイと並ぶ源兵衛2大看板のひとつ。ランチで食べたい。。。

どれもが素朴かつ秀逸。そしてなかなかにリーズナブル。ステキな店です。
[PR]
by gukita | 2014-01-10 20:00 | 居酒屋

山吹の里

この日のランチは、最近お気に入りの弁当屋。

新目白通り沿いの肉屋が、メタボまっしぐらな弁当を売っているのです。

d0073770_188316.jpg
【アメリカンBBQ弁当(丸鳥)500円】

鳥の丸焼きの半身がトッピングされたカレー。
なぜこんな商品を売りだしたのか。。。
どのへんがアメリカンBBQなのか。。。

さすがにワンコインなだけあって、鳥肉は臭みを感じたけど、まあ、ワンコインならぜんぜん許せるレベル。

ほかにも、各種揚げ物がリーズナブルに売られているので、空腹時には重宝する弁当屋です。
[PR]
by gukita | 2013-06-07 12:00 | カレー

キッチンヨッチ

今日のカレー部は初の遠征。
江戸川橋の「キッチンヨッチ」まで徒歩15分。

d0073770_22352018.jpg

「カレーの店」を名乗りつつも、揚げ物メニューが豊富で、
近所のサラリーマンに人気らしい。

到着すると、やはり店内はサラリーマンで満席。
しかも、なんていうかスタバで言うとTall かGrande みたいな
男性ばかり。



d0073770_22355560.jpg

メニューは、豊富なトッピングメニューに加え、ルーおかわり可能と、
食いしん坊の心のやらかい場所をわしづかみ。

d0073770_22391438.jpg
【カツカレー方円の陣】

僕はハムカツカレー目玉焼き乗せを発注。
厚切り・衣ザクザクのハムカツが美味い!
「カレーの店」だけあり、カレーも文句なし!

d0073770_22431886.jpg

ただ一つ残念だったのは、ハムカツが100%カレーに浸されていたこと。
できれば、カレーのかかっていない、ピュアなハムカツも味わいたかった。
今度は別盛りにしてもらおう。

ボリュームも満点で、食後は部員全員グロッキー。
腹ごなしにゆっくり歩かざるを得ず、職場に戻るのが15分遅れました。
ごめんなさい。
[PR]
by gukita | 2011-10-24 22:45 | カレー

キッチン南海

加速度を増す職場のカレー部。

この日は早稲田の老舗といっても過言ではない、
「キッチン南海」。

日がな一日カツを揚げ生姜焼きを焼くマスターの顔は
脂でてかてか、でおなじみの店。

狭い店内にもかかわらず5人でおしよせ、
全員がカツカレーを発注。

d0073770_23481541.jpg
【カツカレー魚鱗の陣】

d0073770_2350653.jpg
【実は自分だけこっそりメンチカツカレー】

さすがは揚げ物専門店、ザクザクとしてジューシーな揚げ物が
とてもおいしい。

カレーは、家庭風カレーとスパイシーな本格的カレーの
ちょうど中間で、なめらかカツスパイシーでイイ感じ。

なんというか、王道のカツカレー。
[PR]
by gukita | 2011-10-11 23:54 | カレー

ターリー屋

とどまるところを知らない職場のカレー部。

今日はわりと本格的なインドカレーを食べられる
「ターリー屋」を訪問。

焼き立てナン食べ放題のため、普段は腹ペコ大学生たちで
満員の店だが、この日はまだ夏休み中とあって、それほど
混雑はしておらず。

d0073770_22504489.jpg
【ターリー屋定食 たしか850円】

この世のすべてを覆い隠すかのような巨大なナン。

しかしそのナンをどけてみると、、、
d0073770_22522221.jpg
ナンと(!?)、中からはターメリックライスがこんにちは。
雨が上がり、雨天中断のブルーシートの下から出てきた
ピッチャーマウンドのよう。

このスタイルのカレーはルーとナンとライスの配分が
とても難しく、だいたいいつもどれかが余るはめに。

あ、味は普通においしいです。
[PR]
by gukita | 2011-10-09 22:57 | カレー

三品

同僚たちのカツカレーブームは収まるところを知らず、
(みんな30代なのに。。。)
今日は早大生のふるさと三品へ。

意外にも僕以外の3人は初三品。
カレーブームの皆様がミックスやらカツカレーを
チョイスする中、僕はいつもの大カツ玉。

d0073770_0242588.jpg
【大カツ玉 860円 やっぱりアッガイに見える】

よく考えると、学生街の食堂にしては、けっこういい値段。
しかし気付くとふらふらと食べに来てしまう、この街にありがちな
中毒性の高いメニュー。
[PR]
by gukita | 2011-09-25 00:27 |