ブログトップ

KGTのメタボ日報

gukita.exblog.jp

タグ:築地 ( 19 ) タグの人気記事

【築地008】やじ満(2回目)

すっかり気に入ったシュウマイの名店(勝手に認定)、やじ満。
この日は冬の名物、かきラーメンを食べに来ました。

とはいえ、まずはシュウマイ、シュウマイ。

d0073770_005344.jpg
【不揃いの焼売たち】
美味い、美味すぎる。十万石まんじゅうより美味い。
みんな寿司屋に並ぶくらいなら、シュウマイ食べればいいのに。
待ち時間ゼロだし。

そして本日の主役、かきラーメンの登場。

d0073770_042050.jpg
【かきラーメン 950円】
軽くソテーされた大粒の牡蠣が5粒も乗っている。

スープを一口飲んでみると、磯の香りがぶわっと、、、
来るかと思ったらそうでもない。

カキを一口食べてみると、磯の香りがぶわっと、、、
来るけどそれを通り越して若干生臭い。

たぶん、僕が二日酔いだったのがいけないのだと思います。

体調万全のときにリベンジ、と行きたいところですが、
この店にはほかにも気になるメニューがたくさんあるので、
リベンジは来年の牡蠣シーズンになりそうです。
[PR]
by gukita | 2011-03-10 00:09 | しゅうまい

【築地007】長生庵

この界隈には珍しい、ふつうのお蕎麦屋さん。
とはいえここは築地、旬の魚介を使ったメニューが季節ごとに登場する。

d0073770_23472049.jpg
【かき天ぷらカレーそば 1150円だったと思う】

冬と言えば牡蠣! というのは十分理解できる。
天ぷらと蕎麦の組み合わせだって定番だ。

だけど間にカレーが入ることで、なんだか悪ふざけをしているような、
もっと言えば牡蠣への冒涜のような気がしてしまう。


しかしながら、どういうわけか、これが最高においしい!
牡蠣と蕎麦とカレーが、3人なのに結婚しちゃった。

大ぶりの牡蠣はちょうどよい火の通り具合。生臭さは全くなく、うま味たっぷり。
普通よりふっくらした、フリットに近い衣が、和風だしの利いたカレーとの相性抜群。
よく考えれば、シーフードカレーに貝類が入ることもあるから、
おいしいのも当然かもしれない。

牡蠣の季節が終わらないうちに、また来なければ。
[PR]
by gukita | 2011-03-08 00:01 | その他

【築地006】築地虎杖 東店

築地鴎外市場周辺にたくさんの店舗を構える「築地虎杖」。
「虎杖」と書いて「いたどり」と読むそうな。
築地では貴重な、夜に居酒屋営業しているお店で、
寿司や海鮮ひつまぶしのほか、カレーうどんでも有名。

昼間は両側を商店に挟まれた路地。夜は両サイドのシャッターが閉まるのを
いいことに、路地を不法(かどうか知らないけど)に占拠し、店舗スペースと
して活用しているもよう。
d0073770_23212772.jpg
【わかりにくいけど、路地なんです。だから寒い。】

したがって、壁面ではなくシャッター面に「本日のおすすめ黒板」が
ぶら下がっている。
d0073770_2374630.jpg
【シャッターにマグネットで固定される看板】

「おすすめ」には値段が書かれていなかったので、念のために店員に
確かめると、大半が2000円以上!! あやうくはめられるところだった。

d0073770_2311508.jpg
【牛すじ煮込み 800円くらい】

海鮮推しの店にもかかわらず、まずは牛すじを発注。
安くはないが、それだけに美味!!
具は牛すじのみ。こんにゃくとか根菜で水増しすることのない潔さ。
京風の上品な味付けで、肉そのもののおいしさを感じる。

d0073770_2317650.jpg
【ゆばのウニのせ 800円くらい】

こちらも美味い。湯葉の甘さとウニの甘さが相乗効果。
流石に築地だけあって、全く雑味がなく濃厚なウニ。

でもよかったのはここまで。。。
残念すぎたのでこれ以降は画像なし。

マグロの炙り焼きは、なぜか定価1200円⇒600円になっていたが、
マグロが生臭いし、炙りすぎて焦げくさい。ひどい。

金目鯛の炙り1200円も、うまみが少なく特筆すべきことはない。
まずくはないけど、1200円出す価値はなし。

まあ、いわゆる観光地のお店ですね。
この日食べなかったカレーうどんは気になるので、
もう一度だけは来てみますけど。
[PR]
by gukita | 2011-03-07 23:30 | 居酒屋

【築地005】たれ麺 十六

このお店、本来は「Bar SiSi(しし)」というお店なのだけど、
昼は「十六」と名前を変えてラーメン屋になっている模様。
(4×4=16、ということか、、、)
看板もほぼ「Bar SiSi」なので、店を見つけるまでに
5分くらい店の前をウロウロしてしまった。
d0073770_10361837.jpg


メニューは「たれ麺」のみ。たれ麺中盛りとトッピング温泉卵を発注。
浅草開化楼の太麺が茹でられている間に、「たれめん食べ方ご指南」で予習。

d0073770_1043477.jpg
【取っちまってかまいません、とのこと】

自分好みにカスタマイズできるのが特徴のようで、
卓上にはたくさんの粉たちが並ぶ。
d0073770_10452410.jpg
【魚粉のうしろには胡椒・ラー油など】

前置きが長くなりましたが、ようやくたれ麺の登場。
d0073770_1049174.jpg
【たれめん中盛り700円 +トッピング温玉100円(奥の小鉢に別盛り)】

指南書通りにぐいぐいとかき混ぜ、いただきます。

太ちぢれ麺にたれがよく絡んで、美味い!
ただ、普通のつけ麺と比べると油感が強いので、2~3口で少し飽きる。
そこで粉たちの登場。

魚粉が間違いないのはもちろん、いろいろと味が変わって
最後まで楽しく食べられる。

「カレー魚粉」は、どこかで食べたことのある、安っぽい味だと思ったら、
隣の席のサラリーマンが
「これはあれだ、ビックカツだ!」
と言っていて、思わず膝を打ちました。
[PR]
by gukita | 2011-02-26 11:10 | ラーメン・つけ麺

【築地004】やじ満

シュウマイ激戦区(おおげさ)第二弾は、場内8号館の「やじ満」。
ここも、大きなシュウマイが売りのお店。

麺類も評判の店だけど、なにはともあれシュウマイ、シュウマイ。
d0073770_2320221.jpg

【シュウマイ2個 280円】

発注から20秒程度で供される、大ぶりのシュウマイ。
もう、官能的に美しい(おおげさ)。
築地標準で、ここでもソースで食べることを推奨される。
粗挽き豚肉と玉ねぎだけのシンプルかつ力強いシュウマイ。
これは確かに、ソースがベストマッチ。
しょうゆでは、シュウマイ本体の力強さに歯が立たない。
なんで4個発注しなかったか、後悔するほど。。。

そして、シュウマイと並ぶこの店の名物、にらたまそば。
d0073770_23282891.jpg

【にらたまそば 780円(だと思う)】

もう、見た目でノックアウト。
絶妙と言うほかない、絶妙なとろみ加減の卵。
卵の黄色の上に美しく散らばるニラの緑。

味も、もちろん見た目に負けていない。
しっかり味の鳥ガラスープを、半熟の卵がまろやかにしている。
やわらかめの中細麺がそのスープをしっかりと捕まえる。
にらたまと名乗っているものの、にら、卵以外にも
たまねぎ、豚肉、きくらげ、イカと、
あとからあとから登場する具材たち。
かなりのボリュームにもかかわらず、
最後まで楽しく食べられる。

これは、いい店を発見。
次は、もう一つの名物、冬季限定「かきラーメン」に挑戦します。
[PR]
by gukita | 2011-02-06 23:42 | しゅうまい

メガマフィン

夜に職場のリフレッシュルームで飲む予定があったので、
つまみを物色しようと、普段より早く家を出て
築地場外市場へ向かう。

ところが。。。

静まり返る場外市場。
水曜日は休市日だということを
すっかり失念していた。。。


仕方ないので朝マック。

d0073770_9373285.jpg

【メガマフィンセット たしか490円】

とても投げやりな気持ちになっていたので、
うっかりメガマフィンを発注。
なぜかレシートは「メカマフィン」になっているけど。

すごく久しぶりに食べたけど、
肉が多すぎてバランスが悪い。
すぐに崩れて食べにくい。
少し後悔。

でも腹もちは最高。
15時くらいまでおなかがすきませんでした。
[PR]
by gukita | 2011-01-30 09:43 | その他

【築地003】海宝館

「本種」で寿司を食べた後、もう少し食べたい気分
だったので、築地場外をぶらぶら。
(注:「本種」の寿司がボリューム不足なのではなく、
 私がくいしんぼうなだけです。)

最近、食べ歩き系のメニューが濫立している築地場外。
要は観光地化なので、さみしい気持ちもあるけれど、
腹が減っては戦はできぬので、仕方なく食べ歩くことにする。

d0073770_2214654.jpg

【いかメンチ 200円】

「まぐろコロッケ」と迷ったけど、炭水化物を避けているので、
メンチをチョイス。

正直、大して期待していなかったけど、意外においしい。
風味はそれほど強くないけど、いかがゴロゴロ入っていて、
楽しい食感。

メンチ、コロッケ以外にも、マグロのから揚げやら、アジフライやら、
揚げ物パラダイスみたいになっていたので、また行ってしまうかも。
[PR]
by gukita | 2011-01-23 22:21 | その他

【築地002】本種

築地場外のはずれの路地裏に、
このお店はあります。

地元民でもなければ絶対に入らないであろう、
ホントに細い路地。隣は鶏肉の卸の店らしく、
店員が路上で大量の鳥ガラを水洗いしている。

そんな路地にある一軒の民家。
軒先に提灯がぶら下がっていなければ、
ここが寿司屋だとは気付かない。


d0073770_21334892.jpg



この店の特徴は、何といっても価格。
写真のにぎり1.5人前が、なんと1,300円!!
場内の寿司屋は3,000~3,500円が相場だから、
この値段は驚き。

d0073770_21384653.jpg

【にぎり1.5人前 1,300円 味噌汁つき】


ちなみに、食べ物の写真を撮るときは、
いつもはローアングルで立体感を出そうとするのだけれど、
このお寿司は俯瞰で撮ってみた。

なぜなら、東急ハンズとかに売っている、
文字盤が寿司ネタになっている時計を思い出したから。
http://www.maiduru.co.jp/8.html
閑話休題。
値段の割に、ネタがとても大きいし、新鮮でおいしい。
二日酔いだったからか、マグロは少し生臭さを強く感じた
けど、ホタテやイカは歯ごたえもよく甘い。
ただネタの大きさに比してシャリが小さめ。ネタとの
バランスという点では、いまいちかな。
この点で、場内の人気店の完成度の高い寿司と比べると
劣るけれど、場内は3,500円に対してこちらは1,300円。
それを考えれば、全く気にならない。

一念発起、築地においしいお寿司を食べに来た!という人には
お勧めできないけれど、普段使いできる、とてもいい店。

にぎりのほかにちらしや刺身定食もあるし、
夜も営業しているのがうれしい。今度は夜に来ます。
[PR]
by gukita | 2011-01-23 22:00 | 寿司・海鮮

【築地001】ふぢの

私の職場は仕事始めが遅く、1月6日から。
正月休み最終日の5日はさながら平日休み。
というわけで、5日が初市の築地市場で昼食。

じつはシュウマイ激戦区(おおげさ)の築地。
シュウマイが有名な店がいくつかある。
そのうちの1軒、場内1号館の「ふぢの」へ。
シュウマイと中華そばを発注。

d0073770_22562183.jpg

【シュウマイ半分(2個) 300円】
発注後10秒で出てくるスピードメニュー。
なかなか大きい。比較のため手前にケータイを置いてみました。
豚肉が細かく挽いてあって、やわらか食感のやさしい味。
個人的には、もっと粗挽きで武骨なシュウマイが好きなんだけど。。。


d0073770_2321523.jpg

【中華そば 600円】
鳥ガラ×煮干しの正統派中華そば。
中華そばのプロトタイプ。
こちらもほっとするやさしい味。

どちらもおいしいのだけど、何かと個性的な築地グルメの中では
インパクトが薄い印象ですた。


とまあ、こんな感じで築地を食べつくしたいと思います。
目指すは100店訪問! ブログ開設前に訪れた店も含めて、
紹介していきます。
[PR]
by gukita | 2011-01-06 23:09 | しゅうまい